【衝撃】現実逃避で脱サラ破産するダメ社会人が見習うべき小学生達!|M日和
時事

【衝撃】現実逃避で脱サラ破産するダメ社会人が見習うべき小学生達!

現在、小学生達が話題になっています!

姪っ子と甥っ子ができて、小さな子供達が成人する頃を考えると…

不安が大きい日本。

「教育」「しつけ」「学び」が、どうゆう物なのか考えさせられる情報が満載です♪

学校に通わない選択をした中村逞珂(ゆたか)さん(10)

「俺が自由な世界をつくる」。自由を求めて学校に通わない選択をした中村逞珂(ゆたか)さん(10)=宜野湾市=が「少年革命家 ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動している。大阪生まれ、沖縄在住のゆたぼんは「ハイサイまいど!」で始まる楽しい動画を提供しつつ、いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信している。
ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。

配信する動画は歌やお笑い系が多い。パワフルに熱唱する姿は、父親の幸也さん(39)の影響で好きになったブルーハーツをほうふつとさせる。

人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ね「ノートに書くだけが勉強じゃない。いろんな人に会うことも勉強だ」と、学校ではできない学びに自信を深めている。

活動をしていると「死にたい」という子どもから相談が寄せられることもある。そういう時は友達になり「死ぬな。苦しむな。学校なんて行かなくてもいい」と言い続けている。

夢は子どもだけが乗れるピースボートで世界中に友達をつくり、戦争をなくすこと。子どもの自殺が増えるとされる夏休み明けの頃には、子どもを集めたライブを開催する計画も練っている。

4日にインターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティーに就任。毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送している。
出典元:琉球新報

みなさんの反応は?

茂木健一郎さんもツイート

実際に不登校だった方からは

こんな意見も

ゆたぼん君の父親のこともあり、賛否両論になっている部分もあります。

親は子供に義務教育を全うさせる『義務』があります。

またゆたぼん君の「宿題をやりたくない」という理由も含めて賛否両論はあるようです。

以前、宿題を無くして成績が向上した学校があることを情報番組で知りました。

ゆたぼんが課せられた宿題には「やる意味を」感じられなかったのでしょうか?

学校に行きながらも、学べる事がたくさんあるように感じます。

ですが、実際に学校に行くのは子供!子供が行く意味を感じる学校環境は、私達が通学していた頃とは違うのかもしれません。

小1起業家(家庭内起業)

出典元:小1起業家 〜900円借金して、コーヒー屋を家庭内起業〜

みなさんの反応


比較的後者の方が賛同意見が多いようですね!

個人的には、義務教育を完了するのであればそれぞれの形ではないかと私は思います。結果なんて、いつわかるかわかりませんしね♪

今はどんな形にせよ『いい経験』になっている気がします。

姪っ子にも甥っ子にも、自分の物差しだけで言葉を発しないよう心がけます♪